第9回日本腎臓病薬物療法学会においてオーラル発表を行いました。


第9回日本腎臓病薬物療法学会が2015年10月24日(土)25日(日)

仙台国際センターにおいて開催されました。

【血液透析患者のチーム医療における薬局薬剤師の役割〜在宅〜】

という演題でオーラル発表しました。

血液透析患者(要介護4、テシオカテーテル留置)に対して服薬

アドヒアランス向上、副作用防のための保険薬剤師の関わりを検討

しました。

会場からも質問がでましたが、地域包括ケアシステムの構築が

いわれています。

介護保険を理解し、他職種との連携・情報共有を行い、

アドヒアランス不良患者に対して、保険薬局薬剤師が積極的に

介入し、チーム医療の推進をはかることが求められていると

思います。

                         細江店  秋本直子


« お灸の無料体験会を行ないました。 | TOPページ | セルフメディケーション実演フェアをシーモール下関店にて行ないます。 »